2019年度IR情報

2019年度IR情報

2019年度の決算公告

貸 借 対 照 表
(令和2年3月31日現在)

資産の部
科目 金額(千円)
【流動資産】 【 13,219,514】
現金及び預金 3,744,826
売掛金 6,653,755
関係会社売掛金 67,671
商品 90,799
貯蔵品 1,378
前払費用 12,539
未収入金 1,936,512
短期貸付金 20,286
関係会社短期貸付金 642,500
その他 60,299
貸倒引当金 △11,055
 
【固定資産】 【 1,355,750】
(有形固定資産) (190,716)
建物 38,374
車両運搬具 118
工具、器具及び備品 615,065
土地 185
減価償却累計額 △463,028
(無形固定資産) (289,380)
ソフトウェア 280,234
その他 9,146
(投資その他の資産) (875,653)
投資有価証券 32,160
関係会社株式 42,000
差入保証金 354,495
長期貸付金 84,479
長期前払費用 852
繰延税金資産 83,221
賃貸不動産 331,554
減価償却累計額 △53,110
その他 1
   
   
資産合計 14,575,265
負債の部
科目 金額(千円)
【流動負債】 【10,807,549】
買掛金 5,317,765
関係会社買掛金 81,013
立替払未払金 538,546
短期借入金 3,749,842
未払金 253,921
未払法人税等 99,766
未払消費税等 18,222
預り金 701,110
賞与引当金 45,592
その他 1,769
   
   
【固定負債】 【880,558】
退職給付引当金 84,277
役員退職慰労引当金 123,524
預り保証金 672,756
 
負債合計 11,688,108
純資産の部
【株主資本】 【2,875,959】
資本金 238,000
資本剰余金 37,372
資本準備金 92
その他資本剰余金 37,280
利益剰余金 2,807,107
利益準備金 59,407
その他利益剰余金 2,747,699
別途積立金 220,000
繰越利益剰余金 2,527,699
自己株式 △206,520
【評価・換算差額等】 【11,196】
その他有価証券評価差額金 11,196
   
純資産合計 2,887,156
負債及び純資産合計 14,575,265

(1)事業の経過及びその成果

 当事業年度におけるわが国経済は、雇用・所得環境が緩やかに改善したものの、世界経済の回復の弱さを受けて、横ばいで推移しました。一方、先行きにつきましては、10月の消費税増税による個人消費の低迷や新型コロナウイルス感染症の全世界への拡大による経済活動の減速等が懸念され、依然として不透明な状況が続いております。
薬局 ・ドラッグストア業界におきましても、新型コロナウイルス感染症の拡大による一部商品の需要増加が見られたものの、長期処方による処方箋枚数の減少、消費増税後の消費マインドの低下や度重なる台風等の自然災害、競合他社との出店競争や業界の垣根を越えた販売競争の激化、人手不足による人件費及び物流費の高騰等に加え、今期の診療報酬改定による薬価への影響、継続的な価格競争の激化により、経営環境は依然厳しい状況が続いています。
このような環境の中、引続き当社は、加盟店舗数を大幅に拡大するとともに、チェーン基盤を活かした商品供給面での有利な条件獲得に尽力してまいりました。「健康サポート薬局」への関心が高い調剤専門薬局へのOTCを始めとする店頭品の品揃え、および売価提案の実施、加盟店の安定収入確保に貢献する独自商品の販売方法、販促物の提案などに注力してまいりました。調剤業務を核とする加盟店に対しては、いち早い情報提供と有利な条件獲得に尽力してまいりました。
ジョヴィ加盟店舗数は当事業年度485店舗増加、127店舗減少した結果、合計で358店舗増となり、当事業年度末現在、昨年に引き続き過去最高を更新し3,612店舗となりました。また、当社の主力事業である受発注代行事業及び商品販売事業では、年明け以降の新型コロナウイルス感染症の流行に伴うインバウンド消費の減退により、一般医薬品・化粧品の前期比が大幅に後退し、厳しい結果となりました。一方で、医療用医薬品が大幅に増加したことから、供給高全体では過去最高の64,767百万円(前期比23.6%増)となりました。種類別の供給高及び前事業年度比較は下記のとおりであります。

(供給高)

種類第50期第51期前期比増減率
医療用医薬品44,471百万円57,232百万円28.7%増
一般医薬品3,050百万円2,796百万円8.3%減
化粧品1,239百万円1,027百万円17.2%減
衛生用品1,951百万円1,917百万円1.7%減
健康食品、食品721百万円749百万円3.9%増
家庭雑貨670百万円743百万円10.9%増
その他296百万円300百万円1.2%増
合計52,402百万円64,767百万円23.6%増

 以上の結果、売上高は医療用医薬品の供給高増加が継続したことにより、57,231百万円(前期比27.3%増)となりました。
売上総利益は医療用医薬品の供給高増加に伴い2,035百万円(前期比5.1%増)となりました。
販売費及び一般管理費は、1,448百万円(前期比0.7%増)になりました。
この結果、利益面では営業利益587百万円(前期比17.9%増)、経常利益533百万円(前期比18.4%増)となりました。また、特別損失として子会社株式の評価損、固定資産除却損等を61百万円計上し、当期純利益は307百万円(前期比0.1%増)となりました。

区分平成28年度
第48期
平成29年度
第49期
平成30年度
第50期
令和元年度
第51期(当期)
売上高(百万円)36,93841,55244,95257,231
経常利益(百万円)415349450533
当期純利益(百万円)278231307307
1株当たり当期純利益659円15銭517円12銭707円67銭722円72銭
総資産(百万円)11,57411,73113,36514,545
純資産(百万円)2,4612,6002,6522,887
加盟店舗数2,7292,9223,2543,612
従業員数(名)
(外、パート等数)
72
(9)
80
(16)
71
(3)
77
(4)

(注) 1. 1株当たり当期純利益は、期中平均発行済株式数に基づいて算出しております。
      2. 従業員数は就業人員であり、当社から当社外への出向者を除いております。
          また従業員数の( )書は外数で、パート等の人数であります。

(2)対処すべき課題

 ジョヴィチェーンを取り巻く社会環境については、新型コロナウイルス感染症の流行の収束と、その後の社会環境が不透明であり、世界的規模での経済状況の悪化が懸念されます。通常時でさえ、消費税増税、診療報酬改定に伴う薬価引下げ、報酬体系の大幅見直しにより、依然として予断を許さない状況が続くと思われたところに、新型コロナウイルス感染症による経済活動の縮小、オリンピックなどの大規模イベントの延期や中止による景気後退の影響は予想がつきません。
当チェーンにおいても、大手ドラッグチェーンの処方箋対応強化、行政における薬局削減方針、更に後継者不足等による課題を抱えているところに、大きな影響が予想され、加盟店舗数減少、弱体化する加盟店の増加が懸念されます。だからこそ、地域包括ケアシステムにおいて地域住民にとって身近な存在となる、ジョヴィチェーンの加盟店への期待と役割が問われる局面になると思われます。
このような環境においてこそ、加盟店および株式会社ジョヴィが共に発展できる組織体の再編が急務となります。そのために「ジョヴィ10年ビジョン」における「めざすべき薬局」を具現化することを目的とする「モデル店事業」と従来からの「ボランタリー事業」の両輪で運営できるチェーン組織を引き続き、めざしてまいります。
それぞれの事業の基本方針は下記のとおりです。

① ボランタリー事業
加盟店が処方箋調剤を核として、地域のお客様の保健・衛生・医療・介護・美容に係わり、何でも相談できる「ファーストコンタクトの場」となれるように加盟店の事業支援を推進してまいります。その為にも加盟店がお客様とのコミュニケーションを大切にし、接客や相談応需にじっくりと時間を割ける環境構築に努めます。これらを効率的に実行するために「横の繋がり」を活用した情報の収集・提供に重点を置いてまいります。すなわちジョヴィボランタリー事業協同組合と連携しながら、店舗のサポートを店舗運営のプロである組合員様の助けも借りながらリテールサポートの提供を昨年度に引き続き、充実してまいります。
また、後継者問題について、後継者のいない加盟店と、これから薬局経営を希望する経営者との縁を取り持つことで、後継者問題の解決と同時に、加盟店が減少する問題にも対応してまいります。

②モデル店事業
「ジョヴィ10年ビジョン」にある「あなたの街のおくすり屋さん」を具現化するためにモデル店事業を営むファーストコンタクト株式会社を設立し運営しております。昨年度は、後継者問題への対応として、株式取得により、新たに3店舗を開局しました。引き続き、店頭品・各種サービス機能の提供、チェーン本部システム等を利用したチェーンオペレーションに基づいた運営を行ってまいります。
また、このモデル店事業を通じて、ボランタリー事業と協働して、上述の後継者問題についての対応も行ってまいります。

以上